人気ブログランキング |

Anji Golf Academy安齋プロの日々のつぶやきです。


by anjigolf

<   2014年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2014年 爆弾低気圧ゴルフ

ゴルフが爆弾低気圧 2014年冬

俊ちゃん会、ピリット会、THE NEXTなどプロ仲間の付き合いを含めた技術研鑽の場。

今年の天候不順に比例してなのか?
私のゴルフが大崩壊((((;゚Д゚)))))))

爆弾低気圧の如く大荒れです
(゚o゚;;

スイングバランスも狂ってるでしょうが、クラブと仲良く出来ない感じ(; ̄O ̄)

体の動きとクラブが仲良く出来ないなら、当然ボールは言う事を聞いてくれません…( ̄◇ ̄;)


いつの間にか俊ちゃん会の幹事役になっていて、嫌ではなく以外と楽しんでこなしています。
が…
あまりに酷い私のゴルフを見ていた小石さんが電話をくれました。

『幹事やってる大変さがわかるから、もしかしてゴルフに影響してるんじゃない?』

『いえ、以外と楽しんでやってますし、幹事役が影響してるわけではありませんよ。それよりあまりに酷い状態を心配掛けてすみません;^_^A』

特に大変じゃありませんし、悪影響は感じませんが、そんなに心配掛けてるのか?((((;゚Д゚)))))))
上手くプレー出来てないのは事実。
クラブがマッチしていないのも実感としてあります。

が、全ては自分の実力不足(; ̄O ̄)

ご心配掛けてすみません;^_^A


今日のレッスン後の打球練習…

やはりダメダメちゃん!?(・_・;?

頭も体も煮詰まった頃…

ん⁇
あれ⁇

今のは⁇


ひょんな事から脱出口?


あ〜
やはり回せばいいんだ(⌒-⌒; )


ラウンドで試してみない事には何とも言えませんが、ちょっと復活の兆し♡
ラウンドするのが楽しみになっちゃったかな♪


結局、丸く振ればいいんだよね(*☻-☻*)


あまりにつまらないゴルフだったので俊ちゃん会記事は書いてませんでしたが、記事復活もしそうです(*^^*)


爆弾低気圧ゴルフ…
春の兆し♡


3月末に選考会も控えてます。
日頃の成果を試しちゃいます(^_^)v
by anjigolf | 2014-02-28 19:17 | ゴルフ

ルースインペディメント

ルースインペディメント

覚え難い言葉だと思うが 「ルース インペディメント」 は重要なゴルフ用語で コース上にある小石や木の葉など、我々が普段 ゴルフをする時に (深く考えずに) 取り除いてプレーしているものを意味する言葉である。しかし、そうしたボールの傍にあるものでも ルールで ルース インペディメントとされていないものを取り除いた場合は ルール違反で罰則が適用されることもあるので、まずは ルールで定めている ルース インペディメントとは何かを知っておく必要がある。

ルース インペディメント
そうでないもの
石、木の葉、木の枝、動物の糞
ミミズ、虫類、その他類似のもの/その放出物や堆積物固定されているもの、生長しているもの
地面に固くくい込んでいるもの
球に付着しているもの
砂とバラバラの土は パッティング・グリーン上にある場合は ルース インペディメントだが、それ以外の場所ではルースインペディメントではない。
雪と自然の氷 (霜を除く) は プレーヤーの選択でカジュアル・ウォーターかルース インペディメントとして処置することができる。露と霜はルースインペディメントではない。

さて、ゴルフ規則 23 のタイトルが ルース インペディメント (英語表記は Loose Impediments) であるが、そこには ルース インペディメントの処理に対する規則、関連するルール違反の罰則などの詳細が記されている。

まず、意識せずにやっている人が多いと思うが、ルース インペディメントが ボールの付近にある場合は ハザード内でなければ それを取り除いてプレー出来る とルールには記されている。ただし、ルース インペディメントを取り除いた結果、ボールが動いてしまえば (グリーン上にあるボールには例外規定があるが) 1打罰が科されるので 要注意である。 » 詳細

一方、上のテーブルにも記したように、石や小枝などでも 土に深く埋まっていて固定されているもの (solidly embedded/fixed) や成長しているもの (折れかかって一部が木に付いている小枝などを含む)、そして、ボールに付着しているものなどはルース インペディメントには該当せず、そうしたものを取り除けば ライの改善に該当する行為として 2打罰が科される。(» 詳細) また、ハザードで ルース インペディメントにクラブや手が触れれば 2打罰のペナルティが科されるということも知っておくべき重要なルールである。(詳細後述)

ルース インペディメントに関する知識として知っておきたいことの中から重要なものを 以下の通り 纏めて リストアップしたので まずは 確認して欲しい。

大きな石でも 地面に埋まっておらず 動かせるものは ルース インペディメントとなる。
一部が地面に埋まった小石でも、簡単に動かせるものは ルース インペディメントとなる。ただし、大部分が埋まった 英語では solidly embedded と表記されるものは 地面の一部と考えられ ルース インペディメントではない。
虫や昆虫の場合は 一部が 地面に入っていても ルース インペディメントである。
砂や土はパッティング・グリーン上にあるものを除き ルース インペディメントにならない。
一部が地面や木に付いている芝や小枝も ルース インペディメントではないので、これを取り除けば 2打罰のペナルティ。
露は手やタオルなどで取り除けば、ペナルティの対象となるが、霜や雪はルース インペディメント (または、カジュアル・ウォーター) 扱いとなる。
ボールが動いている場合、そのボールの動きに影響を及ぼすかも知れない ルース インペディメントを 取り除いてはならない。

余談になるが、英語の loose には もともと 固定されていない という意味があり、良く耳にする言葉で その意味をご存知の方も多いと思うが impediment という言葉は あまり一般的には使われない言葉だから 始めて耳にする人も少なくないはずだ。障害物とか妨害物という意味があるが、進行を妨害するとか 邪魔をするという意味の動詞 impede の名詞形の一つで、関連する言葉には 比較的 良く耳にする impedance (交流抵抗) という言葉がある。

間違い易い ルース インペディメントに係わるルールの解釈

まず、砂や散らばってある土は パッティング・グリーン上にある場合 ルースインペディメントだが、それ以外の場所では その域ではないので要注意だ。グリーンサイド・バンカーからのバンカー・ショットで飛び散った砂が グリーンとカラーの上にある場合は特に注意を要する。自分のボールが カラー上にある場合に カラー上の砂や土を取り除けば 2打罰が 科されるルール違反になる。フェアウェーやカラーなどにあるボールの近くに 小石と砂が 一緒にある場合は要注意で 小石は取り除けるが 小石だけを 摘み取るようにしなければならない。

また、雪と自然の氷は プレーヤーの選択で カジュアル ウォーターかルース インペディメントとして処置することが出来るが、露と霜は その対象にはならないので その違いを 覚えておこう。

ハザード (バンカー または ウォターハザード) 内からのショットに係わる基本的なルールとして覚えておくべきことに クラブを ソール出来ないというルールがあるが、加えて、ルース インペディメントに手やクラブで触れることが出来ないというルールがあることも忘れないようにしよう。このルールに反した場合は ストローク・プレーであれば 2打罰、マッチ・プレーでは そのホールの負けというペナルティが科されてしまう。ただし、自分のボールを捜す、または、確認するためであれば ルース インペディメントに触れることが出来る。確認のために取り除いたり、動かした ルース インペディメントは (自分のボールを確認後に) 元の状態に戻してプレーを行う必要がある。

なお、2012年のルール改定で、ボールを確認するために ルース インペディメントに触れた結果 ボールが動いた場合は (規則 18-2a により) 1打罰のペナルティが科されることになった。ただし、ルース インペディメンを 元の位置に戻して 自分のボールのライの再現しようとするプロセスでボールが動いた時は 無罰。

例えば、ウォーターハザードの草むらに枯葉があった場合などは、ボールを打つ前に その枯葉にクラブが触れれば、ルースインペディメントにクラブが触れたことになるから、ペナルティの対象である。このルールを知らずに ルール違反を犯している人は 少なくないことと思うが、要注意のルールだ。2006年の全英女子オープンでは、ミッシェル・ウィーのバンカー・ショットでクラブがボールの手前にあった蛾の死骸に触れていたことがテレビ中継の放映シーンから確認され 2打罰のペナルティが科されたというようなこともあった。

コース上に転がっているアイアン・ショットなどで取られたターフ (芝) も ルース インペディメントになるが、ディボット周辺に半分取れかかってあるもの、また、折れてぶら下がっているものの 木にまだ付いているものなどは 小枝 同様 ルース インペディメントとはならないので、これも要注意のケースである。

以上のように、間違い易い ルース インペディメントに係わるルールは少なくないので 競技ゴルフをやる人は そうした点を 確り覚えておきたいものである。
by anjigolf | 2014-02-25 18:38 | ゴルフ

ゴルフルール❸答え

ゴルフルール答え❸

問①
プレーヤーは初めの球でプレーを続けなければならない。初めの球があると思われる場所かその場所よりもホールに近い地点から暫定球をストロークするまでは、プレーヤーがその暫定球で幾度プレーしても初めの球は紛失球とはならない。規則27-2b


問②
インプレーの球ではない。プレーヤーは初めの球があると思われた場所よりもホールに近い地点から暫定球でプレーしたので、その時点で暫定球がインプレーの球となり初めの球は紛失したものとみらされる…規則27-2b参照。初めの球が実際にあった場所はこの場合問題とならない。裁定27-2b/4


問③
質問のケースの場合、プレーヤーが暫定球での2打目をプレーした時点で初めの球は紛失球となり、暫定球がインプレーとなる(規則27-2b)。プレーヤーはもはやインプレーでない球(すなわち、初めの球)をストロークした為に誤球をプレーしたことになり(定義61「誤球」参照)、規則15-3に規定する罰を受ける。


問④
球を探し始めてから5分以内に初めの球が見つかっており、プレーヤーは暫定球に対してまだストロークを行っていなかったので、初めの球はインプレーのままである(規則27-2b参照)。プレーヤーが暫定球を規則28cに基づいて拾い上げてドロップしたことは、この場合、関係ない。
by anjigolf | 2014-02-25 00:33 | ゴルフ

ゴルフルール❸

ゴルフルール❸

問①
プレーヤーの暫定球は初めの球のありそうな地点よりも手前にあった。ところが、プレーヤーは先に初めの球を2分間探してから暫定球のところに戻って、暫定球での第2打をプレーした。その後で5分間の球探しの制限時間内に初めの球が見つかった。この場合、どのように裁定すべきか?


問②
ティーショットの球は恐らく紛失したか、アウトオブバウンズと指定されている道路に落ちたものと思って、プレーヤーは暫定球をプレーした上で初めの球を探しに行ったが、球はやはり見つからなかった。そこで、プレーヤーは前方にある暫定球でプレーした後、更に前に歩いていったところ、初めの球が5分以内にインバウンズで見つかった。恐らく道路に落ちて遥か遠くのインバウンズの方へ跳ねたものと思われた。この場合、その初めの球はまだインプレーのままであるか?


問③
初めの球を発見出来なかったので前へ進み、初めの球があると思われた場所よりホールに近い地点からプレーヤーが暫定球でプレーした直後、更に前方に初めの球が5分以内に見つかったのでその球をプレーした。この場合、どのように裁定すべきか?


問④
ティーショットをティーインググラウンドから150ヤードほどの深いラフに打ち込んだプレーヤーは、正しく暫定球をプレーした。初めの球を一寸だけ探した後、プレーヤーは暫定球でプレーを続ける為に前方へ進んだところ、暫定球はティーインググラウンドから200ヤードほど前方のブッシュの中にあったので、プレーヤーはその球をアンプレヤブルとみなし、規則28cにより暫定球があった所から2クラブレングスの範囲内にドロップした。ところが暫定球でプレーしようとする直前に、コース管理の一人がプレーヤーの初めの球を見つけてくれた。プレーヤーが初めの球を探し始めてからまだ5分経っていなかったが、この場合、どのように裁定すべきか?
by anjigolf | 2014-02-23 23:21 | ゴルフ

ゴルフルール❷答え

ゴルフルール答え❷

問①
許される。プレースも取り除ける。


問②
罰はない。昆虫はルースインペディメントである(定義32「ルースインペディメント」と裁定23-1/5参照)。規則23-1により、プレーヤーがルースインペディメントを取り除いている時にパッティンググリーン上の球を動かしても、プレーヤーに罰はない。質問のケースでは、規則23-1は規則18-2bに優先して適用となる。(旧裁定18-2c/2-2004年改訂)


問③
公正の理念に従って(規則1-4)、プレーヤーはルースインペディメントをリプレースすることが出来るが、必ずしもそうしなくても良い。同伴競技者は規則23-1によりルースインペディメントを取り除くことが認められているので、規則1-2の違反とはならない(規則1-2例外1参照)。しかしながら、同伴競技者がプレーヤーからルースインペディメントを取り除くことがかないで欲しいとの要求に従うことを拒んだ場合、ルースインペディメントをそのままにしておくプレーヤーの権利を意図的に否定したことに対し、相手はそのホールの負け(裁定2/3参照)、同伴競技者は競技失格となる(規則3-4)。同様の原則が類似の状況下で動かせる障害物を取り除く場合にも適用となる。(1992年改訂、2008年改訂、2012年小改訂)


問④
ストロークプレーでは、競技者は規則27-1に規定されているストロークと距離の罰に加え、更に規則27-1の違反に対し2打の罰を受ける(合計3打)。違反が重大な違反である場合には、規則20-7cの後段に規定する訂正処置を行わなければならない。これを怠ると、競技失格となる。(1996年改訂、2004年小改訂)
by anjigolf | 2014-02-23 23:20 | ゴルフ

ゴルフルール❶答え

ゴルフルール答え❶

問①
ルースインペディメントである。バラバラの土はパッティンググリーン上以外ではルースインペディメントではないが、土の塊はバラバラの土ではない。(2014年改訂)


問②
ルースインペディメントである。土に固く食い込んでなければ、大きさに関係なく全て石はルースインペディメントであり、取り除く為にプレーを不当に遅延しない限り、それを取り除くことが出来る。


問③
プレーヤーは、その球をあるがままの状態でプレーするか、またはアンプレヤブルとみなさなければならない。質問のケースでは、みかんの実は球に付着しているのでルースインペディメントではない。

問④
出来ない。穴掘り動物によって作られた放出物はルースインペディメントではない(定義32「ルースインペディメント」参照)。(2002年改訂、2014年改訂)


さて何問合ってたでしょうか?
プレー中に間違えがないように確認しておいて下さい^_−☆
by anjigolf | 2014-02-21 18:53 | ゴルフ

ゴルフルール❷

ゴルフルール❷

問①
スルーザグリーンでプレーヤーら球をドロップしようとする区域からルースインペディメントを予め取り除いておくことができるか?


問②
パッティンググリーン上でアドレスした後に昆虫が飛んできて球の上に止まったので、プレーヤーが両足の位置を変えないまま屈み込み、その虫を払い除けようとしたところ、球を若干動かしてしまった。この場合、プレーヤーは規則18-2bにより1罰打を受ける事になるか?


問③
下りのパットが残っていたプレーヤーは自分の球とホールの間のルースインペディメントを取り除いたが、ホールの向こう側のルースインペディメントはそのまま残しておいた。同伴競技者がプレーヤーの球に対して歯止めとなる可能性のあるホールの後方のルースインペディメントを取り除いた場合、どのように裁定すべきか?


問④
球を発見出来なかったので、プレーヤーはその球を紛失付近に別の球をドロップしてプレーした。この場合、どのように裁定すべきか?
by anjigolf | 2014-02-21 18:49 | ゴルフ

ゴルフルール

ゴルフルール

問①
土の塊はルースインペディメントであるか?


問②
ラフの中に西瓜大の石が転がっていて、その真後ろにプレーヤーの球があった。その石を取り除くには大変な努力を必要とするが、それでもやはり取り除くことが出来るルースインペディメントといえるか?


問③
落ちていたみかんの実の中に球が食い込んでいた。この場合、どのように裁定すべきか?


問④
プレーヤーの球がスルーザグリーンの穴掘り動物が作った穴から出された盛り土の中にあった。プレーヤーは規則25に基づく救済に加え、球の周りにある盛り土を形成しているバラバラの土を取り除くことが出来るか?
by anjigolf | 2014-02-21 00:20 | ゴルフ

2014年豪雪

2014年の豪雪

ゴルフを職としている人種にはたまりませんね;^_^A

先週と今週は家の周りと店の周りを雪掻き。
ついでにワイドの雪掻きもお手伝いしました。

ゴルフとは関係ありませんが、ちょっとウケた話を一つv(^_^v)♪


今日の午前中…
家の周りを雪掻きした後、親父、お袋とブランチを摂っている最中での会話です♪

《私》しかし、今年の雪は凄いね;^_^A

《父》40cmくらい積もったか?

《私》吹き溜まりは50cm以上積もったかも

その会話に新潟出身の母が…

《母》新潟なんか3mくらい積もった事があるんだよ〜!

《私》3m?((((;゚Д゚)))))))さすが新潟!

《父》そんなに積もるわけないじゃなか!

《母》あ〜 一晩じゃないけどね

《父》一晩で3mっていったら、こんな雪だろ?
(手で表現したのはソフトボール大)

《私》ワハハハ(≧∇≦)
一粒がそんなにデカイならソフトボールじゃんか(≧∇≦)
そんな雪降ったら危なくてしょうがない((((;゚Д゚)))))))



新潟の雪って一粒がデカイのか?((((;゚Д゚)))))))



雪掻きで疲労していて、会話がメチャクチャな一幕でした;^_^A


先週、今週といい筋トレになりましたv(^_^v)♪

水曜日も雪予報…
さすがにこんなに降らないだろうけど…
次にこんな経験をするのはいつなんでしょうね♪
by anjigolf | 2014-02-15 22:12 | ゴルフ

成就院からの眺め

成就院からの眺め_a0279635_1659494.jpg

成就院からの眺め_a0279635_16595419.jpg

成就院からの眺めです。
昔は木立があり、見えにくかった砂浜。

現在は木立もスッキリして眺めが良くなっています。

いつもは砂浜ですが、雪浜になっとります(((o(*゚▽゚*)o)))

雪災害で大変な年ですが、この先経験出来るかわからないと思うと良い経験でした(*☻-☻*)
by anjigolf | 2014-02-15 16:56