人気ブログランキング |

Anji Golf Academy安齋プロの日々のつぶやきです。


by anjigolf

<   2013年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

1月30日、茨城県つくば市の筑波東急ゴルフ倶楽部で茨城県支援のチャリティコンペが開催されました。

千葉県で活動していた時期に東急グループにお世話になっていた関係で案内されての出場です。


今回の骨折は体をずっと動かしていたせいか、回復具合が早い感じで普段のスイングは難しいとしてもプレーの困難さは多少といったところ。
やれるだけやってみます(^_-)


気候は暖かくプレーするには程良い気温でした。

この季節の難敵は朝のコースが凍っているところです。日陰はアイスバーン!

スタートホールのセカンドショットはボールが跳ねるのを警戒し過ぎて40ヤードショート。
40ヤードのアプローチを、跳ねるのを計算してAWのランニングアプローチ。見事に決まりました。OKの距離。

2番のパー5もティーショットはど真ん中。いい感じです♪
パー5のセカンドで事は起きました。
普段、絶対出ない様なチーピン(゚o゚;;
ボールは左のOBに消えて行きました。しかも2発!
幸い1球目はありましたが、林の中。5打目をグリーン左に持って行き、アプローチして3パットの9!(◎_◎;)
きつい出だしになりました。

3番は左がOBの右ドッグレッグ。
チーピンが頭を過ぎり、右の林へ。
出して、3打目をグリーン左。アプローチミスしてダブルボギー。


4番からは持ち直してパーを続けていきます。

左肋骨。左サイドが不自由な事がこれ程コントロール性を狂わすのかと改めて実感しました。

〔健康な体があってゴルフの楽しさは倍増しますのでブログをご覧の皆さんも体調管理には気を遣って下さい(^_−)−☆〕

ストレス溜まる感じのフロントナイン45。

打ってしまったものは仕方ないとして、バックナインも頑張ります。



パーでスタートした11番パー5。
230のセカンドを5Wでピン左3mにオン。イーグルチャンスです。

私の打順で周りの方は固唾を飲んで見守っていてくれる雰囲気。シーンと静まりかえっています。
(注目されている!この瞬間がたまりませんね!)


横位置のスライスライン!
惜しくもカップの右をすり抜けました。

(グリーンコンディションは絶好なのにインパクトが気に入らないのでタッチが出ない)

何回も何回もトライしたイーグルトライ。
そうそう結果が出るものではありませんが、【気持ちが入った場面では《絶対に》結果を出したい‼】

そんな気持ちは以前から《強く強く》持ち続けています。
【本当の場面、機会が来る時に向けて】

※私がレッスンでよく質問を受けるのが、『どうやればチカラを抜けますか?』と言う事。
本当の場面が訪れた時に中々上手く力を抜けるものではありません。
では、どう備えるのか?
《力を抜く練習》ではなく、《練習で気持ちを入れた状態で力を入れる》。
私の中ではこれが真理。

今まで何回も何回も失敗して、何回も何回も反省して、何回も何回も練習した気持ち。

この先も何回も何回も思う事でしょうね。
以前のブログにも書きました【才能、センス】と言う言葉。
決して運動神経だけの才能ではありません。
【継続は力なり】
続けていれば《必ず》機会は訪れます‼

絶好のイーグルチャンス、バーディチャンスを外し、がっかりした後の素直に湧き上がる気持ち。
短時間(数秒)で気持ちを前向きに切り替える。

楽天家、脳天気とは違う前に向き直る姿勢。
大した運動神経的な才能もない私がゴルフから学んだ良いと思っている才能です。



プレーの見せ場は少なかったですが、チャリティにご協力頂いた参加者の皆様が楽しんで頂く為の配慮。
昨日の私に出来る最善策でした。


パーティで表彰された上位チームを讃えながら、我がチームは次回の機会にリベンジを胸に結束‼

私の概念でいうアマチュアの方の理想像です。
Y浅様、S藤様、F岡様ありがとうございました。
次の機会にはベストコンディションで備えたいと思います。



T川様、O池様、東急グループ関係者の方。
今回の準備から参加者への配慮に至るまで大変だったと思いますが良い企画を実行して頂きましてありがとうございました。





【お問い合わせはこちら】

08049260916

anji-since2012@softbank.ne.jp

安齋隆文
by anjigolf | 2013-01-31 07:11 | ゴルフ

ご挨拶

2013年1月29日

いつもご閲覧ありがとうございます。

1月29日で43歳になりました。

去年は42歳。
厄年を(飛)躍年として頑張って参りました。
今年は更なる飛躍を誓いたいと思います。

一つ一つ年輪を重ねるごとに自分の中身を充実させて生き、色々な方との出会いを大切にし自分の財産にしたいと思いますので、皆様これからも宜しくお願い致します。


安齋隆文
by anjigolf | 2013-01-29 08:16 | ゴルフ

東大必勝法

今朝の新聞に元読売ジャイアンツの桑田真澄氏が東大の特別コーチをした記事が載っていました。



【十人十色‼公式を知れ!】

『公式を知らないと問題は解けないのと一緒。打者を抑える方法を知らないだけ。』


条件❶『常識を疑え』
一般的に投手は体重移動をしっかりするため、プレートに真っ直ぐ立つことが重要と教えられる。しかし沢村栄治、金田正一、伝説の黒人投手サチェル・ペイジ、ダルビッシュらの投球フォームを写真で提示し、いかに自らにあった投げ方をしているか説いた。右肩を下げず地面と平行に投げろと教わってきた選手には斜めになっても体全体で投げろと指導した。


条件❷『東大は日本一考える集団である』
巨人、パイレーツで活躍した桑田氏は『野球は体力と技術だけの勝負ではない』とする。想像力や考えることが重要であり、合理的な練習で自らの成績を伸ばした。体力的に劣っていても、1球1球考え抜けば打者を打ち取れると断言。秀才集団の思考が強敵を倒すために必要となる。


条件❸『よく遊びよく学べ』
野球も勉強も遊びもすべてバランス良くやることが、野球のためになる。スポーツは楽しむものとし、のびのびやることが投手陣がマウンドでの精神を落ち着かせると分析する。




一時代を築いた大投手の言葉です。
一プロゴルファーの私が評論するのはおこがましいのは承知しています。
が、共感出来る部分は『常識を疑え』『想像力や思考の重要性』『スポーツは楽しむこと』

常識に捉われすぎていて自分に合ったスタイルから遠ざかっていませんか?
上手くなる為に想像力を働かせ考えていますか?
ゴルフをしっかり楽しんでいますか?


※一般的なスクールで指導されている常識的なレッスンからかけ離れている。
皆さんの想像力を伸ばそうと考えてもらっている。
ゴルフの本当の楽しさを知ってもらいたい。


賛否両論構いません。
私が気をつけている指導論です(^_−)−☆



【お問い合わせはこちら】

08049260916

anji-since2012@softbank.ne.jp

安齋隆文
by anjigolf | 2013-01-28 13:03 | ゴルフ

肉を切らせて骨を絶つ

【肉を切らせて骨を絶つ】
昔からの諺として残る言葉。

私としては全然意味がわかりませんでした^^;

肉切らせたら痛いじゃん⁈( ̄◇ ̄;)

本当の意味はわかりません。
が、今回の骨折で自分なりに気付いた事があります。


骨折は骨がつくまで2週間。

筋肉疲労は回復まで48時間(2日)。

骨折の完全回復までだと4週間くらい⁈

つまり7〜14倍の回復機能の違いでしょうか。


ゴルフ上達を考えた時に、練習は不可欠なもの(なんでもそうでしょうね)です。

一生懸命練習して、練習し過ぎると故障が出る。

そしてまた休む。

休んだら今まで進んだところまで復帰するまでに大変。

また故障。


いくらやっても上手くなりません(-。-;

これじゃあ何が何やら⁈


では?皆さんが頼ってくれている我々ティーチングプロが考えるところです。

生きていればアクシデントは付き物ですが、不確定要素をなるべく少なくしながら覚えるのは正しい事を覚える事と深く関係しています。


つまり、ゴルフスイングした時に『骨(関節)に負担が少なく、筋肉の連動でクラブを動かす事』を最初から覚えるべきです。

骨(関節)を痛めるよりも、筋肉を正しく使い(回復しやすい体の機能)スイングを覚えれば、何かのアクシデントの時に回復が早い。
練習に空き時間が少なく出来る。
つまりは【積み重ね】になっていくわけです。



今日の内容は私の閃き、当て付けです。
普段からレッスンで皆さんにお話している事の確認として書いてますので、心当たりがある方は再確認してみて下さい。



付け加えれば、《クラブ(道具)の使い方》、怪我をしにくいボディケアなど多種多様な事柄が存在します。


スイングが確立している上級者はともかく、発展途上の方はしっかり見つめ直す必要があります。


怪我に繋がるスイングは息が短い。

名選手は怪我に強いです(^_−)−☆





【お問い合わせはこちら】

08049260916

anji-since2012@softbank.ne.jp

安齋隆文
by anjigolf | 2013-01-26 21:56 | ゴルフ

肋骨骨折11日目

肋骨骨折11日目

1月14日爆弾低気圧から今日で11日目。
骨折から11日目です。


ラウンドレッスンの依頼があったので、怪我の状況を説明して納得して頂き、鎌倉カントリーでプレーしました。
インフルエンザ以外はレッスンを休講する気はありませんが、プレーは7日目、10日目、11日目と試運転が3ラウンド目です。

骨をずらさない様に気をつけながらですが、回復しているのが日に日にわかります(*^^*)

クラブ毎の飛距離が大分戻ってきました♪

骨がつくまで、あと5日くらいかな♪

振れる様になるまで、あと二週間くらいかな♪

待ち遠しいです(^O^☆♪


怪我の最中の目的としている《テークバックとインパクトの再確認》

テークバックは日を追うごとにスムーズになってきました。

インパクトに向けてのダウンスイングもタイミング取れてきました。


【今出来る事をやる!】
に対しては上々。

脇腹の筋肉を使えないので、ショートゲームの繊細なタッチは出ませんが、体に負担の少ないスイングの実験は良好です。

少しでも無理な動きをすると、不必要にボールコントロールを失う。

テークバックがスムーズにいかないとバッドショットになる。


ナイスショットとミスショットの境目になるところでしょうか(^_-)

今日一緒にラウンドした年輩の方で、インターバルを含めて一度もカートに乗らない方がいました。
私の方が年齢は若いので、なんとかついて行こうと歩きを優先しました。

歩を進める度に、響く肋骨。
途中、息が乱れる場面もあり、少々カートに乗車。
その方は最後まで歩き続けました。

まさしく尊敬の対象!

肋骨に響かなくなったら再チャレンジしたいと思いますし、回復具合の目安になると思います。



来週はプロアマ戦が控えています。
怪我をしてからの過ごし方(痛いですが動き続けた事、安静にしている方が良かったのか?)が良い方に出るのか?悪い方に出るのか?


生きている事に理不尽は付き物。


自分が置かれた状況の中で、自分に出来る事を見つけるのが重要だと私は考えています。


この先も、如何に前向きな発想を生み出せるのか?
チャレンジは続きます(^_-)

楽しみですね♪(v^_^)v








【お問い合わせはこちら】

08049260916

anji-since2012@softbank.ne.jp

安齋隆文
by anjigolf | 2013-01-25 18:40 | ゴルフ

ふと思う事

ふと思う事

骨折から一週間と10日。
今日まで二回プレーしました。

強振は出来なくても、無理をしなければゴルフは楽しめる!


コレは重要な事だと再認識。

私も含めて人間歳をとりながら、徐々に体の自由がきかなくなります。

皆さんが好きなゴルフを少しでも長く楽しむ為には体の負担が少ないスイングを加齢と共に覚える事。

上手くなる為の練習量を増やせる体の負担が少ないスイングを覚える事。



レッスンを始めて、いつ頃からかそんな思いに捉われる事が大きくなりました。


これがAnjiの理論の礎。

私も怪我が少なくなる様に(今回はゴルフが原因ではありませんが)更なる勉強を重ねていきます。


私生活の中にゴルフのヒントが盛り沢山です。


人との交流にもヒントが盛り沢山!


シーズンオフだし怪我も悪くなかったかな(*^^*)
by anjigolf | 2013-01-24 23:31 | ゴルフ

俊ちゃん会【19】

俊ちゃん会【19】

肋骨を骨折して10日目。
先日、ゴルフが出来るか白マークから試しにプレーして、なんとか出来ると思い、今日はリハビリ兼ねて俊ちゃん会に参加してきました。

雪の予報もありましたが、無事にプレー出来ました♪

とは言え、コース上にはあちらこちらに雪が残っていて先週の雪の凄さが感じられました。



今日のメンバーは全員プロ。
1組目
松井会長、内野プロ、小浜プロ

2組目
遠藤プロ、鳥海プロ、小石プロ、安齋の7名です。

松井会長は膝痛、遠藤プロは腰痛、私は肋骨骨折。
それぞれが抱えている持病のバッドコンディション。
やれるだけやってみます(^_-)


ベストパフォーマンス出来ない体なので、今日はテークバックとインパクトに気をつけてスタートしました。



1番パー5
テークバックで左背筋が開けないのでボールは曲がりません(*^^*)
真っ直ぐ、真っ直ぐ、真っ直ぐを繋いでパー。

先日の月曜日より明らかに違和感が減っています♪


2番パー4
左引っ掛け。
セカンドを木の間から乗せてパー。


3番パー4
左フェアウェイ160上りから3Uで高い球でグリーンオン。パー。

おとなしくスイングしてる分、ボールが曲がりません♪


4番パー3
いつもより番手を上げて手前カラー。パー。


5番パー4
ドライバーでフェアウェイセンター。残り70ヤードをグリーン奥に外します。アプローチ寄らず、3パットのダボ(~_~;)
セカンドショットが少々薄く当たったのかな?
つまらないミスなのでちょっと悔しい( ̄◇ ̄;)


6番パー3
普段はパー5ですが、左ネットを修理中なのでパー3にしてあります。140ヤードを8Iでピン手前にオン。パー。


7番パー4
右ラフ残り160。アゲンストとピン奧、上りを考慮して5Wで高い球で攻めます。
真ん中の段にオン。
段差のきつい奧ピンへのファーストパットはショートして段を登らず。結局3パットのボギー。


8番パー3
右奧ピンに対してグリーンセンターへオン。パー。


9番パー4
右の崖を嫌がり左へ引っ掛け。
隣ホールのレディースティー脇にボールがありました。
セカンド200弱を木越えの5W。
ピンの左にオンしていたのを決めてバーディ。


フロントナインは+2の36。
つまらないボギーとダボはあったものの、リハビリとしてはまあまあのスコアです。
とにかくグリーンが難しい!
全てのホールがグリーンスピードが違うんです(-。-;
いつも皆で苦労してますが、これが座間の苦戦するところ。

皆が苦労していた分、とりあえず組内トップ。

安齋+2、鳥海プロ+4、小石プロ+4、遠藤プロ+8(腰痛が相当悪そう)


10番パー3
グリーン真ん中に乗せてパー。
鳥海プロ、小石プロ バーディ。


11番パー5
真ん中、真ん中からアプローチ寄せてバーディ。
小石プロ バーディ。
はいはい!来ました来ました!チャージ発動!
安齋+1、小石プロ+2、鳥海プロ+3


12番パー4
右ラフから130ヤードを9Iでメチャクチャ上手く打ちました!
打った感触はベタピン!
ピンは奧のセンター。
段差の上に落ちたボールはスピンで戻り手前の段へ戻ってきました。
2パットのパー。
鳥海プロ ボギー。
安齋+1、小石プロ+2、鳥海プロ+4


13番パー4
全員パーオン。
バーディチャンスをがっつき3パットのボギー。
(今日はがっつかないと決めてきたのに気持ちが勝ちますね)
安齋+2、小石プロ+2、鳥海プロ+4


14番パー4
フェアウェイから手前のカラー。
2パットのパー。
鳥海プロ バーディ。
安齋+2、小石プロ+2、鳥海プロ+3


15番パー3
196ヤードを5Wでカラー。
2パットのパー。
鳥海プロ ボギー。
安齋+2、小石プロ+2、鳥海プロ+4


16番パー4
ティーショット、力入りました(~_~;)
テンプラでつま先下がりの200ヤード残り。5Wで上手く打つも木に当たり17番ホールまで跳ねていきます。
サードを乗せてボギー。
小石プロ+2、安齋+3、鳥海プロ+4


17番パー5
フェアウェイ真ん中残り210ヤードを5Wで左のラフへ。
小石プロはトラブル。
鳥海プロはティーショットを残り130まで持っていきます。
展開からして、ほとんど並び!
小石プロはパーオンのパー。
安齋のサードは残り35ヤード。
ダフリました!(◎_◎;)
4打目を乗せてなんとかパー。
鳥海プロのセカンドはピン右奧3mにオン。イーグルチャンスを決めます。
小石プロ+2、鳥海プロ+2、安齋+3

このアプローチのミスは痛かった!


18番パー4
バーディが必要になってしまいました。
ティーショットはメチャクチャ力んで隣ホールのフェアウェイ。
セカンドはトップして変な傾斜地の残り100。
小石プロ、鳥海プロはフェアウェイからセカンドミス。
アプローチを乗せてパッティング勝負です。

はい!全員外しボギー。


ホールアウトすると…
小浜プロがイーブンパー。
松井会長+3
鳥海プロ+3
小石プロ+3
安齋+4

健闘するつもりはありませんでしたが、結果はなんとか張り合えた感じ。
手応えよりも、骨折した後の過ごし方で復帰は早く出来るのを実感しました。
全快までには2ヶ月近くかかると思いますが、怪我中により良いテークバックとインパクトをモノにしたいと思います。


※ブログをご覧の皆様は決して無理をしないで下さい。
スイング理論をしっかり把握していないと二次災害の様に怪我の上塗りの様になります。
ゴルフ練習中の怪我などされた方はスイングを見直す必要があります。
お困りの方は是非Anji Golf Academyにご相談下さい。



朝は寒かったですが、日中は暖かく過ごせました。
しばらくはリハビリ状態ですが、数ヶ月後のゴルフシーズンが楽しみです(*☻-☻*)








【お問い合わせはこちら】

08049260916

anji-since2012@softbank.ne.jp

安齋隆文
by anjigolf | 2013-01-24 15:02 | ゴルフ

社訓?教訓?

興味深いものを見つけました(*^^*)
社訓?教訓?_a0279635_110155.jpg

社訓?教訓?_a0279635_1101686.jpg

by anjigolf | 2013-01-23 10:58 | ゴルフ

なばなの里

先週の雪の日に肋骨を痛めてから一週間が経ちました。

通常ならば2週間は安静ですが、最近考え方が変わってきました。
安静にしすぎると治りが遅い!
この一週間、寝てても痛いし寝返りしても痛い!(◎_◎;)
レッスンしながら骨がズレない様に少しずつ体を動かす様に気をつけてました。
レッスン中にかる〜くなら打てましたが体が捻れない(~_~;)

体を動かしておいたお陰なのか、日に日に治ってきてる実感が!

そこで今日、慣らしついでにラウンドしてきました。
目的は体をゴルフの動きで動かせるのか?
球を撫でるだけ^^;
ドライバーの飛距離設定は200ヤード。
当然、白マークからのプレー。


はい!
なんとかなるもんですね(*^^*)
アプローチ、パターは暫く離れていたせいか、感覚のズレが微妙にあり、つまらないボギーがいくつかありました。
ドライバー、アイアンはテークバックさえとれれば1クラブ飛距離が落ちるものの、なんとかなっちゃいます。
怪我人にしてはまあまあの79。


一週間後にはもう少し体が動くようになるか楽しみです♪


スルーでプレーを終え、久しぶりの遠出。
三重県の《なばなの里》にイルミネーションを見にドライブがてら行って来ました。

更に初めて新東名に乗りました。
噂通り走りやすい♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

自由が効かない体で一週間。

良い気晴らしになりました♪


なばなの里_a0279635_22273066.jpg

なばなの里_a0279635_22273176.jpg

なばなの里_a0279635_22273380.jpg

なばなの里_a0279635_22273468.jpg

なばなの里_a0279635_22273640.jpg

なばなの里_a0279635_22273781.jpg

by anjigolf | 2013-01-21 22:24 | ゴルフ
ゴルフ プレー進行及び歩きの重要性❷

昨日はプレー進行の事を大雑把に書きました。
賛否両論はあるものの、一致団結してプレーをスムーズに進める事により、ゴルファー全員が快適な時間を共有出来ます。

違う見方をすれば、《道路事情》を考えてみて下さい。

人それぞれが違うペースで好き勝手な速度で走っていたら、不快感を覚える人の数が多数になります。暴走車に限らず、遅すぎる車。
若葉マーク(ゴルフの初心者)、モミジマーク(ゴルフの年輩の方)。

車にしっかり表示してあるのだから、周りは承知して少しの気遣いをしてやればいいと思います。
周りからの気遣いを感じれば流れに乗りやすく頑張れるでしょうし、承知していれば不快感は減らせます。

不快感がトラブルの始まり。

お互いの不快感が減らせれば他人を思いやる気持ちが増えてきます。

こんな思い込みがあっても良いと思いませんか?(*^^*)


考えようによってはいくらでも工夫出来ます。


【プレー進行】
長くなりましたね〜(o^^o)
それ程、大事な事です。



次にプレーを上手にやる為の歩きの重要性について書きます(^_-)

歩きの重要性を話したい為にカートの使い方から書いてきました。
これからが本題です(*^^*)


上達思考が強い方へ。
上手な人のプレーはまだ真似出来なくても、歩き方なら真似られます。

★ゴルフが上手い人は歩き方が上手い!

☆ゴルフスイングに重要な軸のキープ。

歩く時に姿勢が良く、歩を進める時に軸がブレない。
手足を動かした時に軸がブレない。

これって重要な要素じゃありません?(^_-)


☆歩くのが速い。

トーナメントを観戦するとプロの歩く速さに驚くはずです。
速歩きしないとついて行けないスピード。
しばらくは慣れを要しますが、上手い人は歩きがスムーズ。
私生活から気をつけていれば、それなりに速く歩ける様になります。
練習場に行かなくても出来るゴルフの上達方法。
取り入れない手はないでしょう。

※ゴルフを上手くやる為の一番良い心拍数は96だそうです。
(速歩きのスピード)


☆速く歩ける事は肩関節、股関節の可動に繋がります。

歩く時にしっかり足を上げて、手を動かして歩けばスイングに大事な関節回りの可動に役立ちます。


☆将来の未来予想図。

誰もが生きていれば老いはきます。
仕方ない事とは言え、大好きなゴルフを少しでも健康体で楽しみたい。
古いメンバーコースでは、年輩の方ほどカートに乗らず歩いています。(健康を保つ為)
私も色々な方を見てきました。
老いが忍び寄るのは足回りの弱体化からです。
高齢になっても足が健康な方は動きが若いです。
酷使する必要はないと思いますが、普段から使い慣れておくのが大事だと思います。
私生活で運転不足を感じている方が多いらしく、ジムなどに行かれている方(目的は様々)もいます。
コンクリートジャングルの中で生活していて、運転に適していない生活。
ゴルフって、柔らかい芝の上を自由に歩けるとても良いフィールドなんですよヾ(@⌒ー⌒@)ノ
1ラウンドで約一万歩!
移動距離は約10km!

考えようによっては素晴らしい事じゃないでしょうか(*☻-☻*)


ゴルフの上達。
出来る事から始めてみましょう(^O^☆♪



【お問い合わせはこちら】

08049260916

anji-since2012@softbank.ne.jp

安齋隆文
by anjigolf | 2013-01-21 09:12 | ゴルフ